気になる場所に立ち寄れる

どこかに旅行に行く際、多くの方があらかじめ行きたい場所を探し予定を立ててから行かれるかと思いますが、旅先で気になる観光場所を見つけてしまうという事はありませんか?

私はそのパターンが非常に多くいつも予定と全く違う内容になってしまう事ばかりです。雑誌などを見て旅行の予定を立てているのですが、いざ行ってみると雑誌には載っていなかった素敵なお店やキレイな景色が見える場所などを見つけてしまい寄り道満載の旅行をしています。そこで最近は、必ず見ておきたい観光名所を2~3ヵ所だけピックアップし後は、現地で観光できる場所を見つけるようにしています。

移動方法も電車やバスを利用していましたが、最近は現地でレンタカーを借りるようにして柔軟に予定変更できる方法に変えました。すると以前よりも充実した旅行が出来るようになりましたし、自分でレンタカーを運転して移動する事により旅行の思い出が強く残るようになったように感じています。時には道を間違え迷子になってしまう事もありますが、それもまたいい思い出となります。

ニーズに合わせて利用できる便利なレンタカー

“マイカーの憧れが強く車が欲しいと思う人はたくさんいると思いますが、販売価格は高く気軽に買えるものではありません。車は本体価格以外に維持費が掛かり、駐車スペースが無い場合には駐車場を借りなくてはならず、都心に行くほど月極駐車場料金は高くなり負担が大きくなっていきます。

ほとんど乗らず所有しているだけでも税金や維持費は掛かってしまい、車の使用頻度が少ない場合にはマイカーはデメリットとなることも多く、交通網が発達している都心部では車が無くても日常生活に差し支えはありません。

しかし、あると便利だと感じることも少なくはなく、運転免許証を所有している場合には切に感じることでしょう。このような時とても便利なのがレンタカーで、必要な時に必要な時間だけ利用することができます。

レンタカーの車の種類は豊富にあり、人数や用途に合わせて選ぶことができるので大変便利です。チャイルドシートや初心運転者標識などのオプションもあるので、小さなお子様が居る場合でも安心してレンタカーを借りることができます。”

レンタカーを有効活用

社員旅行で行った沖縄ではレンタカーが活躍しました

“楽しみにしている人も多い今年の社員旅行は沖縄に決まり、土曜・日曜を絡めて2泊3日で行きました。2日目は完全にフリーとなっており、海水浴やゴルフ、買い物などそれぞれ色々なプランを立てていました。

主な交通手段は車となる沖縄では、都市部以外では公共交通機関は発達していません。観光客も多い都市部の那覇ではレンタカー会社はたくさんあり、それほど大きくない沖縄本島を車で回る人も少なくありません。

今回もゴルフに行く人やダイビングスポットへ行く人がレンタカーを利用して楽しんでいました。学生の夏休み前とはいえ、7月に行った社員旅行は夏の観光シーズンとなっており、料金も割高となっていました。

今回は社員旅行を依頼していた旅行会社にてオプショナルとして、レンタカーの予約もお願いしたことで割安で借りることができました。個人旅行でも沖縄旅行のプランには、レンタカー付きのフリープランというのが多くあり人気を集めています。レンタカーを利用して沖縄本島を回り、自然の魅力に触れてみるのもいいと思います。”

沖縄

高級な外車をレンタカーで借りてみよう

子供の頃ほとんどの男の子がミニカーに興味があり、女性に比べ車が好きな男性が多いのは、生まれながらの本能なのかも知れません。展示会やカーショップなどで様々な車を見て、心を弾ませている人はたくさんいることでしょう。

国産車だけではなく外車に興味がある人も多く、1度は外車に乗ってみたいと憧れを抱くも、販売価格が高くなかなか手に届く物ではありません。台数は少ないけど外車を扱っているレンタカー会社もあり、夢の外車を乗ることができるのです。

国産車に比べ高級な外車はレンタカーでも料金は割高となっており、一体いくら位するのか気になる人も多いと思います。セダンタイプで6時間20,500円、12時間28,000円、24時間34,000円位が相場となっています。

1972年に返還されるまでアメリカの領土であった沖縄県は、現在でも外国人が多く外車を扱っているレンタカー会社も比較的多くあります。異国情緒あふれる沖縄県に行った際には、レンタカーで外車を借りるのもいい思い出となるのではないでしょうか。

高級外車

レンタカーで事故を起こしてしまった時の保険

毎日車を利用していて運転に慣れている人や、どんなに上手な人でも100%事故は無いという保障はありません。車の事故は自分の不注意だけではなく、相手の不注意により車を当てられたりして事故を起こすこともあります。

レンタカーの場合にはレンタル料金の中に保険料が含まれていますが、免責補償の加入は任意となっています。マイカーと違い使い勝手も異なり車の感覚も掴みにくいこともあるので、初心者の人や慣れない土地で初めて運転する人は、免責補償にも加入しておいた方がいいでしょう。

万が一レンタカーで事故を起こしてしまった場合、保険には対人無制限と対物1000万円の補償が付いていますが、これは5万円を超える部分に対して補償するものであって、5万円以下の場合には自己負担となります。任意である免責補償はこの5万円以下の場合に対して補償するものとなります。

事故により車両の補修や清掃が必要な場合には、ノンオペレーションチャージが発生し、営業期間中の営業補償として走行可能な場合で20,000円、走行不可能な場合で50,000円が請求されます。
事故

レンタカーで使用されている車の寿命

新しい物を求める人々にとって、新車が発表されると一躍脚光を浴びます。性能がどの位上がったのか、乗り心地や使い勝手はどうかなど期待に胸を膨らませることでしょう。

それは新車を購入する人だけではなく、レンタカーでも同じで新しい車種は人気があり、フルモデルチェンジした旧式の車は敬遠されてしまうのです。常に新しい車を導入するレンタカーの寿命は1年~3年といわれていて、短い期間で役目を終えたレンタカーは中古車販売店で販売されたり、海外に輸出されたりしています。

販売する際にはレンタカーとして使用していたことを、購入者に伝えることが義務付けられています。最近増えてきている格安レンタカーでは、あえて中古車を導入することでコストダウンを図っています。

比較的新しくまだまだ使用できる中古車はたくさんあり、新車にこだわらなければ安くレンタカーを利用することができます。販売価格が高く、維持費も考えると気軽に購入することができない新車は、必要な時に必要な時間だけレンタカーを借りることで、気軽に新車を楽しむことができます。

軽自動車

レンタカーを借りて友達と温泉旅行

男女問わず若い人から年配の人まで人気がある温泉は、オールシーズンいつでも楽しむことができます。天然成分により様々な効能を持ち、治療のために温泉に通う人も少なくありません。天然温泉は山で湧き出している所が多く、山の近くに温泉街が軒を連ねています。

駅からは少し遠い所が多く送迎をしてくれる旅館もあり、駅前にはマイクロバスが並んでいることもあります。ゆっくりと観光もしながら自分達のプランで温泉旅行を楽しみたいという人にはレンタカーがお勧めです。

レンタカーの料金は車種や時間によって決めらており、乗用車のスタンダードタイプで1日9,600円、2日で17,500円が相場となっています。また、返却時間が過ぎると1時間につき約1,300円の延滞料金が発生するので注意が必要です。

人数が多いほど料金がお得なレンタカーは、高速代やガソリン代を含めても電車より料金が安くなります。観光地を巡りゆっくりとドライブを楽しみながら、日頃の疲れを温泉で癒すという贅沢も、時間に追われて生活している私たちには必要なのではないでしょうか。

温泉

海外でレンタカーを利用するには

初めてとなる知らない土地への海外旅行でも、自分達で自由に動けるフリープランは人気があります。交通手段として海外でもレンタカーを借りて、自分達のペースで好きな所を観光する人も多くいるのです。

海外でレンタカーを利用するには、日本の運転免許証の他に国際運転免許証が必要となります。国際運転免許証は運転試験場や免許センターなどで取得することができ、申請の際には有効期限が1年以上ある運転免許証、パスポート、写真、印鑑、申請料が必要となります。

申請料は2,650円でおよそ30分から1時間程度で作成できますが、警察署で発行を受ける場合には2週間程度掛かる場合があるので注意が必要です。海外でレンタカーを借りるには、直接営業所に行き借りることもできますが、事前に予約を入れておく方がいいでしょう。

繁忙期では希望の車種どころか車自体が無いというケースもあるのです。電話以外にインターネットからでも予約ができ、日本語サイトで予約を行っても料金は変わらないことが多いので、インターネットを利用すると便利です。
インターネットで予約

レンタカーでトラックを借り自分達での引っ越し

春になると進学や就職など、新年度に向けて新たなスタートを迎える人が多くいます。それに伴い新天地での生活のために引っ越しをする人が増え、3月・4月は引っ越し業者にとって最も忙しい時期となります。

学生や新社会人の中には初めて1人暮らしをする人も多く、家電製品や家具など大きい荷物は新しく購入することと思います。荷物が少なく自分達で積み下ろしできる量の場合も少なくありません。

繁忙期の引っ越し料金は高く、家電や家具など購入することを考えると少しでも節約したいところです。このような人に多く利用されているのがレンタカーで、荷物の量によって軽トラックや1t車、2t車、4t車などのトラックを借り自分達で引っ越しをしています。

レンタカーでトラックを借りた場合の料金は、小型車で6時間10,500円、12時間13,500円、24時間16,800円が相場となっており、トラックの大きさや時間により変動します。レンタカーを上手く利用することで、自分たちの好きな日時に安く引っ越しすることができます。

トラック

営業マンの出張に役立つレンタカー

日本にはいろいろな職種の会社がありますが、お客様と接する営業マンはどの職種も外回りが主流となります。商品を1つでも多く購入してもらい、新商品の契約が取れるようカタログやサンプル品を持ち訪問することでしょう。

数多くある荷物はとても重たく、1件でも多くの客先へ効率よく回るために、ほとんどの人が営業車を利用していることと思います。営業活動の範囲は必ずしも会社の近くとは限らず、車で移動するには半日以上掛かってしまい、電車や飛行機でないと遠い所もあります。

また、先方の会社は都心部ではなく郊外にあることもあり、交通の便が悪く車で無いと移動するのに不便なケースもあるのです。出張により電車や飛行機で移動した際に、大変役立つのがレンタカーです。

電話一本で予約することができるレンタカーは駅や飛行場の近くにあり、急な出張でもすぐに車を利用することができます。複数の客先を回る時には、行きと違う駅や飛行場を利用して帰る場合もあります。借りた営業所と違う営業所に返却できる、乗り捨て可能なレンタカー会社もあるので便利です。

営業車